JIMU's BLOG

「jimu’s twitter」の一覧

若者の旅立ち

先日、西日暮里のアルハムブラというスペインレストランで
15歳の少女の壮行会コンサートがありました。
夫が習っている池川寿一フラメンコギター教室の同門で、
この春に中学を卒業し、9月からスペインのフラメンコギター学校へ留学するのです。
彼女は6歳からクラシックギターを習っていたのですが、
5年前、あるフラメンコギター曲を聴いて電気が走り、転向したそうです。
小さな体に小さな手で、それはそれは見事な演奏です。
コンサートでは津軽三味線とフラメンコギターの二刀流という先生の知人の方と
津軽三味線とのセッションもあり、本当に楽しい時間でした。

もう一人、少しばかりお手伝いさせていただいているたまゆら會という地方舞の会から
東京で初めての芸妓になることを決めた少女がいます。
彼女もまた中学を卒業したばかりの16歳、
八王子花街で半玉さんのそのまたひとつ前のお仕込みさんをして、がんばっています。
(応援ページ fb [ くるくる友の会 ] )

それまでの彼女は、無口で、お返事も小さく、ぽわ~っとして、
発表会の時など、緊張で泣きそうな顔で出番を待つような少女でした。
が、道を見つけてからの変身ぶりは素晴らしくて、
所作や物言い、気配りぶりまで、本当にめざましい成長に驚くばかりです。

道を見つけた若者のその前進する輝きは、言葉の及ばない感動を覚えます。

図らずも二人の少女の旅立ちに出会い、
人生とか、命とか、生き方とか、希望とか、、、
人間というもののすばらしさをあらためて感じさせてもらいました。

さらに、今朝のニュース情報を一つ、
広島の避難所の学校で、大人たちがスリッパを揃える揃えないでもめたそうで、
それを見ていた小6と中1の少女が、
「そんなことで怒り合うことはないのでは?と思ったのですが、
別の大人に言ってもらうとまた大人同士でもめてしまうかもしれず、
直接、子供の自分たちが言うのは生意気そうだし、、、」
で、壁新聞を作り、記事として「スリッパを揃えましょう」と載せたのです。
なんて素敵な子供たちでしょう!
ほんとうに頭が下がります。

気づけば、今の大人はすこし感情過多かもしれませんね。
仏教では、喜び楽しみも、喜怒哀楽すべて、「ほどほどに」と教えています。
喜びや楽しみも度を越えて感情を開放してはいけないというのです。
それはそのまま振り子のように「怒哀」も大きく振れてしまうということなのだろうと
私は解釈しました。
日本人の慎みや礼節などに通じるものなのかもしれませんね。
そんなことをあらためて教えてくれた少女たちのニュースでした。

スペインへ旅立つお嬢さんへのメッセージカードに、こんな言葉を添えました。
「日舞の先生は、早くに外国に出て成長すると、日本人としての感性が育たず
日本文化独特の情緒が理解できない、何人ともいえない人間になってしまうと言われます。
どうか、日本文化への関心を忘れずに、いつの日か、スペイン文化の素晴らしさを伝える
すてきな架け橋になってください。」

なんだか話が散らかっちゃいましたが、
すてきな少女たちに力をいただいたというお話でした。

最後に、今朝、ご近所で見つけた蓮の花、
1枚目のシャッターを切ったら金魚が顔を出してくれました。
わかってるね~金魚ちゃん。
20140826_蓮と金魚

投稿日:2014年08月26日(Tue) | カテゴリー:jimu's twitter記事ページへ

新年度

桜の季節も終わろうとしています。
みなさま、お花見されましたか?
わたしは上方舞の先生からのお誘いで
上野の国立博物館内にあるお茶室「応挙館」へ参りました。
http://www.tnm.jp/modules/r_free_page/index.php?id=180
円山応挙の襖絵に囲まれて、桜のお酒や食事、投扇興、先生の中国茶のお点前、と
盛り沢山なたのしみにあっという間のひと時でした。
上野の桜も本当に見事で、やはり日本人には桜だわ~、
と、春を満喫して、さぁ、新年度!
よい一年になりますように、がんばりましょー!!

投稿日:2014年04月16日(Wed) | カテゴリー:jimu's twitter記事ページへ

馬の不思議

先週末、乗馬をしました。
3日間5級コースというもので、
夫も私も子供の時以来のほぼ全く初心者です。

まずは講習から、
「サラブレッド」というのは、牝馬3頭からの純血種で
全てのサラブレッドの血統がその3頭まで辿れるのだそうです。
すごい!!

いろいろ教わって、いよいよ乗馬。
思ったほど高さはこわくなかったのですが、
姿勢が安定するまでが一苦労でした。

乗馬の単位は鞍で、1回→1鞍と言います。
1鞍目は緊張と姿勢と馬との折り合いに四苦八苦で修了。

それでも休憩をはさんで2鞍目は、
姿勢もつかめ、馬とのコミュニケーションもとれたような感じで、
最後の方は馬の背の波に身を任せてとてもリラックスできました。

と、いうのも、
3人1組、3頭の馬でサークルを回るのですが、
私に充てられた馬は黒っぽくて大きくて、
実は心の中で別のもう少し小ぶりな馬がよかったな、と思っていたのです。
まさにそれが、馬に通じていたのだと、2鞍目ではっきりわかりました。

2鞍目の時は名前を呼んで、いっぱい褒めて、感謝して、
「たのしい!ありがとう!!」を連呼し、心からたのしんだのです。

インストラクター曰く「あまり人の言うことを聞きたがらない馬」だそうで、
本当にそんな感じはあったのですが、2鞍目のその時は
私の思いが馬にも通じたように、よく歩き、走ってくれました。

2鞍目下馬してもう一度首をぽんぽんしながら
「本当にありがとうね、とっても楽しかったよ!」
と話しかけていたら、首を曲げて、顔をぐっと私の方へ近づけてきました。
私も自然にその額に手を当ててあらためて感謝を伝えました。
その時の幸福感は、、、言葉が見あたりません。

人の心の中が馬にはわかるのです。

うまく乗ろうとするのではなくて、
馬に心を添わせてあずけてしまう、その一体感がとてもあたたかくて、
馬も気持ち良く乗せてくれるのかもしれません。

動物セラピーと言うのをよく聞きますが、
乗馬で癌が治ったという話もありました。

よく晴れた日でしたが、成田の風は結構冷たくて、
待っている間はどうなる事かと心配なほど寒かったのですが、
馬上にいる間はまったく忘れていて、寒くも暑くもない、
そんなことが意識に入らず、ただただ気持ちが良かったと後から思って、
本当に病気も治ってしまうだろうと実感しています。

あと2日、すでに5級は大丈夫と言っていただきましたので、
ひたすら馬と楽しみたいと思います。

投稿日:2014年03月18日(Tue) | カテゴリー:jimu's twitter記事ページへ

弥生

3月弥生の月になりました。
「4月の陽気」から「雪に注意」が出たり、
今日は「冷たい雨の一日で、夕方からは風を伴い強く降る」そうで、
ヤヨイの優しい音とは裏腹な空模様です。

そんな今日、ネットで美しい日本の映像を見つけました。
外国人のご夫婦が日本を訪れたときのものだそうで、
静かな日本の美しさに心洗われるようで、
日本人自身がうっかり置き忘れてしまっている美しい心を思い起こさせるひと時でした。

http://videotopics.yahoo.co.jp/videolist/official/hobby_cooking_life/pded2e1a82cffa29df571fb71bd6a3300

世界がぴりぴりと緊張を増し、
日本でも悲しいニュースが続くこんな時だからこそ、
日本人本来の穏やかで嫋かな精神が、一条の光となるようにも感じます。

弥生の由来は「草木がいよいよ生い茂る」のだそうです。
優しい心が生い茂りますように、

投稿日:2014年03月05日(Wed) | カテゴリー:jimu's twitter記事ページへ

「がんばる中小企業・小規模事業者300社」

皆さま過日新年会へは多数のご参加をいただき大変にありがとうございました。
皆さまがとても明るくパワフルで、しかもまるで同窓会のような温かい睦ぶりで、
あっという間の楽しい時間でした。

さて、その席上で㈱大友製作所 友部社長よりすばらしいご報告をいただきました。
経済産業省主催の「がんばる中小企業・小規模事業者300社」に選定されたそうです。

これは経産省HPによりますと、
「革新的な製品開発、サービスの創造や地域貢献・地域経済の活性化等、様々な分野で活躍している中小企業・小規模事業者・商店街の取組事例を「がんばる中小企業・小規模事業者300社」及び「がんばる商店街30選」として選定しました。」

http://www.meti.go.jp/press/2013/12/20131225005/20131225005.html

BM

友部社長、おめでとうございます!!!!!!!!!!

「こいつは春から縁起がいいや♪」ということで
組合員の皆様、あらためまして本年も一年どうぞよろしくお願い申し上げます。

投稿日:2014年02月14日(Fri) | カテゴリー:jimu's twitter記事ページへ