JIMU's BLOG

2014年03月の一覧

馬の不思議

先週末、乗馬をしました。
3日間5級コースというもので、
夫も私も子供の時以来のほぼ全く初心者です。

まずは講習から、
「サラブレッド」というのは、牝馬3頭からの純血種で
全てのサラブレッドの血統がその3頭まで辿れるのだそうです。
すごい!!

いろいろ教わって、いよいよ乗馬。
思ったほど高さはこわくなかったのですが、
姿勢が安定するまでが一苦労でした。

乗馬の単位は鞍で、1回→1鞍と言います。
1鞍目は緊張と姿勢と馬との折り合いに四苦八苦で修了。

それでも休憩をはさんで2鞍目は、
姿勢もつかめ、馬とのコミュニケーションもとれたような感じで、
最後の方は馬の背の波に身を任せてとてもリラックスできました。

と、いうのも、
3人1組、3頭の馬でサークルを回るのですが、
私に充てられた馬は黒っぽくて大きくて、
実は心の中で別のもう少し小ぶりな馬がよかったな、と思っていたのです。
まさにそれが、馬に通じていたのだと、2鞍目ではっきりわかりました。

2鞍目の時は名前を呼んで、いっぱい褒めて、感謝して、
「たのしい!ありがとう!!」を連呼し、心からたのしんだのです。

インストラクター曰く「あまり人の言うことを聞きたがらない馬」だそうで、
本当にそんな感じはあったのですが、2鞍目のその時は
私の思いが馬にも通じたように、よく歩き、走ってくれました。

2鞍目下馬してもう一度首をぽんぽんしながら
「本当にありがとうね、とっても楽しかったよ!」
と話しかけていたら、首を曲げて、顔をぐっと私の方へ近づけてきました。
私も自然にその額に手を当ててあらためて感謝を伝えました。
その時の幸福感は、、、言葉が見あたりません。

人の心の中が馬にはわかるのです。

うまく乗ろうとするのではなくて、
馬に心を添わせてあずけてしまう、その一体感がとてもあたたかくて、
馬も気持ち良く乗せてくれるのかもしれません。

動物セラピーと言うのをよく聞きますが、
乗馬で癌が治ったという話もありました。

よく晴れた日でしたが、成田の風は結構冷たくて、
待っている間はどうなる事かと心配なほど寒かったのですが、
馬上にいる間はまったく忘れていて、寒くも暑くもない、
そんなことが意識に入らず、ただただ気持ちが良かったと後から思って、
本当に病気も治ってしまうだろうと実感しています。

あと2日、すでに5級は大丈夫と言っていただきましたので、
ひたすら馬と楽しみたいと思います。

投稿日:2014年03月18日(Tue) | カテゴリー:jimu's twitter記事ページへ

弥生

3月弥生の月になりました。
「4月の陽気」から「雪に注意」が出たり、
今日は「冷たい雨の一日で、夕方からは風を伴い強く降る」そうで、
ヤヨイの優しい音とは裏腹な空模様です。

そんな今日、ネットで美しい日本の映像を見つけました。
外国人のご夫婦が日本を訪れたときのものだそうで、
静かな日本の美しさに心洗われるようで、
日本人自身がうっかり置き忘れてしまっている美しい心を思い起こさせるひと時でした。

http://videotopics.yahoo.co.jp/videolist/official/hobby_cooking_life/pded2e1a82cffa29df571fb71bd6a3300

世界がぴりぴりと緊張を増し、
日本でも悲しいニュースが続くこんな時だからこそ、
日本人本来の穏やかで嫋かな精神が、一条の光となるようにも感じます。

弥生の由来は「草木がいよいよ生い茂る」のだそうです。
優しい心が生い茂りますように、

投稿日:2014年03月05日(Wed) | カテゴリー:jimu's twitter記事ページへ